2010年10月21日

日本への旅行に期待すること、国や地域によって違い


観光立国を目指し、ビジット・ジャパン・キャンペーンを
展開している日本。アジア地域の人々は日本への旅行
について、どのように考えているのでしょうか。

野村総合研究所の調査によると、ソウル、上海、台北
のアジア3都市に居住し、5年以内に外国旅行した経験
を持つ15歳以上の男女に「過去5年間に行ったことが
ある観光目的での外国旅行先」を尋ねたところ、

日本への渡航経験率は上海が70.0%、台北が66.2%、
ソウルが54.6%と、調査対象3都市すべてで首位でした。

2位以下を見ると、ソウルは2位「中国」(44.5%)、
3位「タイ」(24.1%)、4位「欧州」(18.2%)。

上海は2位「香港・マカオ」(67.8%)、3位「韓国」
(43.6%)、4位「シンガポール」(42.0%)。台北は2位
「香港・マカオ」(40.8%)、3位「中国」(37.4%)、
4位「韓国」(28.9%)。いずれも近隣諸国への旅行が
上位にランクインしています。

日本旅行の人気は高いようですが、どんなことに期待
しているのでしょうか。

今後日本に旅行したいという人に「日本への旅行で
最も期待すること」を聞くと、ソウルでは「温泉・
リラクゼーション」(16.7%)、上海では「伝統的な景観・
旧跡」(17.4%)、台北では「旅行先での食事を楽しむ」
(25.7%)がトップでした。

ソウルでトップだった「温泉・リラクゼーション」は
上海では7位(6.2%)、台北では7位(4.4%)、
上海でトップだった「伝統的な景観・旧跡」は
ソウルでは3位(11.1%)、台北では6位(5.3%)
となっており、野村総合研究所では「期待の対象や
その度合いは3都市ごとに特徴があることが
うかがえる」とコメントしています。

インターネットによる調査で、対象はソウル、上海、
台北のアジア3都市に居住し、5年以内に外国旅行
した経験を持つ15歳以上の男女1655人。
調査時期は9月下旬。

 アジアで日本の人気はありますね。
 これからも、どんどん旅行者が増えて
 欲しいですね。
posted by ルビー at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

豪州の砂漠に着地「はやぶさ」の回収カプセル発見

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日未明、大気圏に再突入した

 小惑星探査機「はやぶさ」の回収カプセルが13日午後11時過ぎ、

 オーストラリア中南部ウーメラの砂漠地帯に着地したと発表しました。

 打ち上げから約7年に及んだはやぶさ計画は、最後の難関を乗り越え

 ました。カプセルが発信した電波信号やヘリコプターによる捜索などで

 着地を確認、カプセルを発見しました。破損の有無など状態は不明。

 カプセルには小惑星「イトカワ」の土壌試料が入っている可能性があり、

 「月の石」以来となる他天体の地表試料回収に期待が高まりました。

 JAXAは13日午後11時ごろ、カプセルが発信した電波信号をキャッチ。

 現地には関係者約60人が待機しており、回収作業を本格化します。

 カプセルは日本に空輸し、JAXA宇宙科学研究所(相模原市)で開封

 して土壌の有無を確認します。


     7年は長かったですね。破損していないといいですね。
posted by ルビー at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

アメリカの金融危機

アメリカの銀行が1日で5行破綻しました。

日本の銀行は大丈夫でしょうか?

景気は良くなりそうもありませんね。
posted by ルビー at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする