2016年08月14日

Uターンラッシュの渋滞、規制出来ない?

お盆休みを終えて、

帰省する人たちのUターンラッシュ

高速道路が渋滞しているそうですが、


渋滞するとアイドリング

(エンジンが止まらないように少しずつ

ガソリンを使う)で環境も悪化 します。


高速道路利用者を1時間間隔くらいに

台数制限が出来ないものでしょうか?


GWやお盆、年末年始

車の遠出を出来るだけ控えて、


地球温暖化が進まないように、

公共交通機関(バスや電車)を

利用する人が増加する事を

期待したいと思います。


長距離運転(トラックなど)は

2人乗りで交替するようにして、


交通事故を起こさないように

安全運転 して欲しいですね。






posted by ルビー at 21:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高速道路の渋滞とCO2排出による温暖化対策ですか…先進国ならではの非常に難しい課題ですね。CO2の輩出に関していえば、電気自動車の普及、ひいては水素エネルギーを使用した自動車の誕生によって緩和されてくると思いますが、高速道路の問題はちょっと難しいですね。もし、解決の方法があるとすれば、交通手段の空中化でしょうか?バックトゥザフューチャーに登場するような空中を飛べる自動車。そんな未来が来れば問題も解決するかもですね!
Posted by Toshiya Oki at 2016年08月21日 15:26
>Toshiya Okiさん

コメントありがとうございます。
空飛ぶ車が出来たら便利ですが、
無理でしょうね。
Posted by ルビー at 2016年08月21日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441040040
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック